やまびこブログ~風の谷の徒然なる日々~

 法人の活動報告やイベント告知を中心に、スタッフが日々感じたことや自閉症の方の魅力、福祉の仕事の楽しさについて発信しています。

宮ケ瀬のレイクサイドカフェにやまびこ工房の販売コーナーを設置させていただいています。ダムの放流を見学後、名物ダムカレーを楽しみながらご覧いただければと思います。
レイクサイド看板

自主製作品4


2013年12月5日にオープンしたJA相模原市農産物直売所「
ベジたべーな」にて、
やまびこ工房の自主製作品を販売しています!
是非ご覧ください!
IMG_20180419_110145


○ブログは不定期ですが鋭意更新中!
是非ご覧くださいませ☆


※災害時にはコメントに現状を記入してください。

 先に冬から春へとの写真をアップさせていただきましたが、急に寒くなり雪まで降ったかと思えば、もう過去に遠ざかり、すっかり暖かくなりました。
 過ごしやすい時期になっていくかと思いますが、コロナウィルスに関連した緊急事態宣言の準備のニュースも出ており、気が抜けない状況です。
 こういった時こそ基本的なことを確実に行うことを意識していきたいと思います。
 幸いナウシカの皆さんは手指消毒に関して抵抗される方は少なく、皆さん、行なってくださっております。マスクはどうしても感覚的に厳しい方もいらっしゃいますが、感染のパターンとして菌が付着した物を触ったことで、ほれが口や鼻から入ることになるという流れが多いようです。
 感染しないことも大事ですが、それ以上に感染させない、との意識が一番必要なのではないかと思います。
 お一人お一人がいつでも感染源になるとの当事者意識をもちながら対応していけたらと思います。
 
 ナウシカ近隣にて春真っ盛りです。
collon_20200405182346


 学校が久しぶりに開校されています。子どもたちの声が聞かれ、校舎も喜んでいるように見えます。
 そういった中ですが長引く待機、休校の環境から家庭内で不安定になられる方も多くなっているようです。
 決まった場所に通える形が取れる方ばかりではなく、自宅で長く過ごされるお子さん等、ご家族との距離感も近くなっている中で関係性を保つのが難しくなっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 すぐに解決策が出るわけではありませんが、可能な方はご近所さん、親の会の方、親戚の方へご連絡をされるのが良いと思います。
 人が集まれなくなっている分、顔を合わせない相手に気を遣って独りで抱え込むことのないように、大変だ、と一緒にグチれる人がいること自体が力になるかもしれません。

相模原市の相談支援事業所です。

 jigyousya_list_301225.pdf
 
 また、風の谷でも相談支援サービスがございます。相模原自閉症相談室、相模原南自閉症相談室もご利用ください。

 毎年4月2日~8日は自閉症啓発週間です。
 例年、ブルーライトアップやシンポジウム等、活発なイベントが開催されてきましたが、
今年は感染症拡大の状況により、インターネット上でのやり取りが盛り上がっております。
ツイッターでは#自閉症 #autismawareness 等の困難な状況下での楽しい時間が投稿されています。
 よろしければご覧ください。

 👇こちらは自閉症啓発週間のオフィシャルホームページです。
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=543

 さて、”自閉症啓発”と言うと私は学生の頃から自閉症=引きこもりとの誤解を解消すること、との
イメージが強くありますが現在メディアでも多々取り上げられるようになり、そういった啓発は進んで
いるのかと思います。では、今、これからの啓発とは、どういったことなのでしょうか?
 私たちは自閉症支援施設との看板を掲げており、その活動を20年行ってきました。令和の自閉症啓発というものをしっかり考えながら支援を行ってまいりたいと思います。
 その意味でも当サイトでは自閉症の人の魅力を発信していきたいと思います。その魅力にハマってしまった人が風の谷のスタッフとなっています。そのため、パート勤務の人も含め、勤続年数が長いことは一つの特徴なのではないかと思います。

 話は変わって、現在、コロナの影響で予定の変更が余儀なくされ、不安や混乱を感じやすい状態にある方が多くいらっしゃると思います。その対処法として”こだわり”と言われるルーティンの行動があり、その場面が増えている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
 ルーティンは野球のイチロー選手やラグビーの五郎丸選手などの方法が紹介され有名ですが、今、活動の制限を受けている全ての人に使える方法なのではないのかと思います。 
 私も朝起きてからの行動のパターンを決めており、歯磨き、洗顔の順や始め開くアプリやかけるBGM等を一定にして朝のペースつくりを行っています。
 活動が制限される時だからこそ、自分に合ったルーティンをつくる良い機会かもしれません。
 特に新社会人の皆さんは入社した途端に待機となってしまった方もいらっしゃるでしょう。仕事をするリズムを整えるルーティンを作ってみても良いかもしれません。
 この時期に設定することで数年経った後でも初心を取り戻し、スタートできる方法となると思います。N

このページのトップヘ