やまびこブログ~風の谷の徒然なる日々~

 法人の活動報告やイベント告知を中心に、スタッフが日々感じたことや自閉症の方の魅力、福祉の仕事の楽しさについて発信しています。

 学校が臨時休校となる中、縮小の形で卒業式が行われた所が多かったようですが、皆で教室に揃って、という形ができない分、少人数で先生に会いに行くなどの報告がSNSにあがっています。
 決まった形で卒業式ができなくとも、そこで出来た友人関係は変わらず、同様に先生と教え子の関係も何ら変わらない形で存在しているのだな、と嬉しくなりました。
 一方で一足早く解放されたと感じている人もいるかもしれません。
 どちらの人も卒業おめでとうございます。

 思いがけず長い休みを得た皆さんがどのように過ごすのか、大人たちが知恵を絞ってSNS等の投稿で応援しています。周りの動きはどうあれ、この休みにぜひ学校でやらねばならなかったことから解放されて自分のやりたいことを思い切りやってみてほしいと思います。
 人によっては自分が何がしたいのか探る時間になるかもしれません。そういった人には本がお勧めです。なんでもいいと思います。youtubeやtiktok等の短時間で情報確認するものだけでなく、じっくりと物を考える場面をつくる機会になるのではないでしょうか。
 せっかく時間がありますから。

 さて、自閉症の人にとっては休みだ~と一概に喜べない人は多々いらっしゃるかと思います。やまびこ工房でも通常の外出予定が感染予防の観点から変更になっている方が多くいらっしゃいます。
 皆さんそれぞれの理解の仕方、納得の仕方、人によっては我慢の仕方を開発されています。感染症という目に見えない理由の説明は難しい面がありますが、私たちは予定がどう変更になって、変更にならない部分はどこなのか、できるだけ見通しがつく形で説明することを心掛けています。
 いつまで、と明確にできない分、こちらとしては苦しい面がありますが、こういった経験が後々のレリジエンス=物事に耐える力になることは間違いありません。 
 それは自閉症の有無に限ったことではないでしょう。状況は必ず変化する、冬は必ず春となる(もうなっている?)と捉え直して今日の一日を大事に使っていきたいと思います。N

 作業室Bを使った焼き菓子作り。
 今日も新商品の試行錯誤を行なっております。私は専ら味見係ですが、担当してくださる利用者さん、スタッフを陰ながら応援したいと思います。N
collon_20200309073916

 暖かくなったと思ったら今日はもう冷たい風が吹いています。
 こうして、一歩一歩、春らしくなるのでしょう。

 震災から9年、あの日もナウシカの皆さんは元気に過ごされていました。停電でテレビがつかないことに腹を立てられていましたが。
 
 復興はまだ緒についたばかりという感もあります。昨年の風水害の復興も半ばでしょう。そんな中でも確実に一歩、半歩ずつでも春に向かっていることは間違いないのだと思います。
collon_20200312214538


このページのトップヘ