やまびこブログ~風の谷の徒然なる日々~

 法人の活動報告やイベント告知を中心に、スタッフが日々感じたことや自閉症の方の魅力、福祉の仕事の楽しさについて発信しています。

 今年は準備が遅れてしまいましたが、恒例の七夕飾りを行いました。分散登校などの影響もあり、今年は近隣のお子さんたちの短冊は集められませんでしたが、スタッフと利用者さんに書いていただきました。

 食事の内容について書かれる方、"たなばたまつり"とレタリングしたような書体なのに一筆書きでサッと書かれる方、これからの仕事に目標を定めて取り組む心意気を書くスタッフや趣味の釣りの目標を書くスタッフもいました。
 そんな中でスタッフ間で内容が重なっていたのがダイエット目標でした。
 
 やはり全体的には、健康を祈る言葉が多くなっていました。未来に希望をもつことそのものが祈るという行為なのかもしれません。
 脳の発達で先々の心配をしなければならなくなった人類の知恵なのでしょうね。
 皆さんの祈りを宇宙へ託して、引き続き、健康と安全を第一に過ごしていきたいと思います。
IMG_20200703_193820

IMG_20200704_111656

4988

 ナウシカ周辺の地域は花を植えられているお宅が多く、歩いていてとても楽しいです😊
collon_20200617063322


 そして、今年はナスとシソを植えました。楽しみです😄
IMG_20200604_154837

IMG_20200604_154843

IMG_20200602_070456

 雨が多くなってきました。それと共に気温差も日替わりで大きくなっていますので、日付けにとらわれず、その日の気温に合わせた服装を選ぶようにしたいと思います。
 ただ、自閉症の方は、その場に応じて、というのが難しいというか、合わないので、そこはうまく羽織れるものを2枚ほど決めておくなど、衣替え後も着ても良い長袖や上着をつくっておくのは有効かと思います。
 同時に自閉症の方ならではの体感温度というものもありますので、ご本人が暑いと言われたら暑いんだ、と周りの人は素直に聞くことも大事ではないかと思います。

 日本は四季がはっきりしている分、季節に応じた服装や振る舞い、食べ物に至るまで"季節感"を大事にしてきました。
 しかし、それが今や崩れつつあり、気温の上昇や大雨、大風が見られるようになってきました。
 ますます個々に合わせた体調管理が大事になってくるかと思いますのでコロナ対策と同時に季節に応じた対策を考えていきたいと思います。

 中でもこれからの時期に注意が必要なのは熱中症と食中毒です。コロナ対策でマスクの着用に慣れ親しんできた頃ではありますが、マスクの着けっぱなしは水分補給をしにくくしたり、熱をこもらせる危険性もあります。

 防ぐべきは3密でマスクはウイルスを移さない、口鼻に運ばないための措置ですから、一人で歩く、自転車で移動する等の時には外すなど目的に応じた防止策を賢く行なって参りましょう。
 食中毒についても早く食べる、処理する、加熱するという原則とウイルスがついていることを想像しながら対応することが肝心だと思います。

 様々な困難な状況がありますが健康が全ての基本になります。皆さんで声をかけ合って意識を高めて参りましょう。N

このページのトップヘ