やまびこブログ~風の谷の徒然なる日々~

 法人の活動報告やイベント告知を中心に、スタッフが日々感じたことや自閉症の方の魅力、福祉の仕事の楽しさについて発信しています。

 朝の散歩中に撮影したものです。しばらく天気が悪かったのですが久しぶりに晴れて道端の植物もキラキラしていました。季節を肌身で感じられるのはこの仕事の得な部分だなと思っています。
collon_20200205081012

 大変ご無沙汰いたしております。
 一気に寒くなりましたが皆様お元気でお過ごしでしょうか。
今回は久しぶりにナウシカで熱い鍋を囲みましたので、その報告をさせていただきます。

Point Blur_20200205_080228
 今回は味噌ベースで個々のお好みに応じて、鮭をメインにしたものと豚バラをメインにしたもの2種類で楽しんでいただきました。皆さん普段あまり箸が進まない野菜もモリモリ召し上がっていました。
 前回の鍋の時は順番になるべく個別で行うようにしましたが、今回できるだけ皆さんで囲んでもらうようにしました。その分、スタッフは忙しくなり、「あ~、肉がもうない」なんてことになりましたが一緒にワイワイ楽しむことができました。 
 何となく自閉症の方に「みんなで」はタブーみたいなイメージが付きまといがちですが、今後もますます一つ屋根の下、皆さんで楽しい日々をつくっていきたいと思います。

 ある本の抜粋です。
『成功も失敗も、人によって定義は違う。』
 なるほど、と思いました。

 私たちは、便宜的に〜障害という表現で、ある人の一時的な状態を表しますが、物事をどう言い表すかということは意外と重要で、その表現に引っ張られてイメージが出来上がることもあれば、その反対にイメージから物事の呼び方を選択する場合もあります。
 また、それを聞いた人によって得られるイメージも違ったものになるのではないかと思います。

 そうした中で大事にしたいのは常に偏らないことです。
 言い方にすると〜ねばならぬ、は出来るだけなくしたいと考えています。その〜ねばならぬ、〜であるべき、が前提になった時に〜障害との表現も生まれやすくなるのではないでしょうか。

 何が障害で何が健常なのか、それはその場の環境だけでなく、冒頭で紹介させていただいたように一人ひとり違ったものなのではないかと思いました。N

このページのトップヘ