やまびこブログ~風の谷の徒然なる日々~

 法人の活動報告やイベント告知を中心に、スタッフが日々感じたことや自閉症の方の魅力、福祉の仕事の楽しさについて発信しています。

 史上2人目のNBA日本人プレーヤーとなった渡邊勇太さんの言葉『現時点でできることに集中する』コロナ禍、今は〜できない、〜しなきゃいけないのに、と考えがちな状況ですが、その現状を直視しながら今より一歩進むことを考え、実行することが大事なのだと思いました。

 渡邊選手は中学時代、膝の故障で長く練習ができなかった時期があつたそうです。その時に努力を重ねた素速いモーションのシュートが今、世界で活躍する武器となっているとの事です。
 
 私たちもなかやか上手く支援できないことで焦ることもありますが、○○の情報収集から、や、〜をまず確認しよう、と現状を踏まえた上で何ができるのか、とのスタートラインに立つことから目標が見出だせるのだと思います。

 まだまだ自粛、対策に気を抜けない状況ですが、この経験が先のレガシーとなるように法人として組織的な対応の進め方をつくっておきたいと考えています。

 まだまだ、ご協力いただくことが多いかと思いますが、個々の利用者さんの暮らしの充実を支えるために微力ながら力を尽くしていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。N

 『最も教育された者とは、人生の良いことにも悪いことにも耐えられる者である』ルソー 「エミール」

 緊急事態宣言解除後の週末、いかがお過ごしでしょうか?
 今も感染している方と関係者の方が一番苦しいのだ、と献身的に医療、看護に当たられている方々がいらっしゃいます。心から感謝申し上げます。

 また、SNS等で話題になりましたが緊急事態を抜けたということで、まずは皆様お疲れ様でした。

 まだまだ感染のリスク、クラスターのリスクはなくなっておりませんが、「自粛」という名のもとにご苦労された方、されている方が沢山いらっしゃいます。その努力は決して無駄ではないこと、世界の感染拡大を一人の賢明な行動が阻止しているのだということを私たちは今一度、自覚して自分を褒めるべきだと思います。

 とはいえ、ウイルスがなくなったわけではなく、ワクチンが整備されたわけでもありません。引き続き、どういった環境がリスクを上げるのか確認しながら賢く生活していきましょう。

 冒頭に挙げさせていたたいた通り、物事の変化に一喜一憂しないこと、今こうなっている、では更に良い方向に進めるためには、またはホッとしている方が多い中で苦しい思いをされている人はいないのか、考えてみるというのも大事ではないかと思います。

 特に学校がいよいよ始まります。
 分散登校の形を取る所が多いようです。しばらく自宅でのんびりしたリズムに慣れた皆さんは朝勝ちが最初の課題となるでしょうか。
 または学校という場所が苦手な人には今日が一番プレッシャーがかかる日かもしれません。
 "散々休んだんだから"という人もいます。関係ありません。楽しく行ける人が登校を再開したら良いのだと思います。
 "受験もあるのに"それこそ自粛期間で教科学習は自宅でも十分にできる事がハッキリしましたよね。

 様々な課題を抱える中、6月から新しい生活がスタートします。決して焦ることなく、ブレることなく、冒頭、"耐えられる"とあります。それは我慢する、無理をすることではありません。宣言の解除に浮き足立って、また感染拡大させたら元も子もないですよね。これまでも、これからも、今できる事を確実に積み上げる事こそ大切なのだと思います。N

 自閉症の方はシングルフォーカスと言われ、よくラップなどの芯を覗いた形での見え方を体験することで、その見方が説明されます。
 
 やまびこ工房の利用者さんにマークや標識に関心が強い方がいらっしゃいます。特に ❗ には敏感に反応され見つけたことをスタッフに教えてくださることが多いです。

 先日も自立課題で見つけられたようで、声がかかりました。その課題がコチラです。
IMG_20200501_135811

 ペンが当たってしまったのでしょう、黒い線がその形になっていました。
 こういったことからも利用者さんの見方、感じ方を実感しながら活動内容を考えています。N

このページのトップヘ